学術大会
1234
2018/11/09

司法アクセス学会第12回学術大会

Tweet ThisSend to Facebook | by:サイト管理者
司法アクセス学会第12回学術大会が本年12月8日に下記の要領で開催されます。
参加をご希望の方は、jaajoffice@gmail.com宛にご連絡ください。

1.日時  2018年12月 8日(土) 午後1時~午後5時
2.会場  弁護士会館2階講堂「クレオ」(東京都千代田区霞が関1-1-3)
3.テーマ 「市民の法的ニーズと法律専門職の倫理」

[趣旨説明]
 市民,企業の法的ニーズはどこにあるのか.そして,各法律専門職は,利用者の期
待に応えられるような専門職倫理のもとに法的サービスを提供していると言えるの
か.
 今回の学術大会は,2部構成とし,まず第1部では2015年4月に公表された『法曹人
口調査報告書』のデータの二次分析に基づき,市民と企業の法的ニーズについて検討
する.利用者の視点から,どこに法専門職サービスへのニーズが存在し,何がアクセ
ス障害を発生させているのかを実証的に検討するものである.そして,第2部では,
法専門職側に焦点をあて,弁護士のみならず,司法書士,行政書士などの法的サービ
スの提供者側がどのような倫理研修を行い,団体としてサービスの質の標準化に取り
組んでいるのか,議論する.
 司法制度改革後,いわゆる隣接法律専門職の職域は拡大され,法的サービスの市場
は複雑化している.一方で,複数の実証研究によって,法的問題を抱えた市民・企業
が必ずしも容易に専門家にアクセスできていない状況が確認されている.市民の視点
からすれば,いずれの法専門職にアクセスしても,適切なサービスが提供されること
が当然に期待されているが,果たして各専門職の研修等の実践はこれを十分に保障し
ているだろうか.利用者側,提供者側双方の視点から,法サービスへのアクセス・提
供を問い直すことにより,法の支配の拡充のためにどのような施策が必要か,市民と
企業,そして各職種間の垣根を越えて広く議論したい.

4.構成
《プログラム》
13:00-13:10 開会の辞
13:10-14:50 ミニシンポジウム(1) :法的ニーズについて
  法曹人口調査データの二次分析(日弁連法務研究財団・財団研究)
  企画:石田京子早稲田大学准教授
14:50-15:10 総会
15:10-15:20 コーヒーブレイク
15:20-17:00 ミニシンポジウム(2) :職業倫理について
  司法書士,行政書士,弁護士の職業倫理の教育システムについて
  企画:齋藤隆夫桜美林大学教授
17:00-17:05 閉会の辞

※ 大会終了後,懇親会を予定しております(会費3,000円程度)。

お問い合わせ先:
司法アクセス学会事務局(jaajoffice@gmail.com

司法アクセス学会第12回学術大会-チラシ.pdf

00:16
2017/11/17

司法アクセス学会第11回学術大会

Tweet ThisSend to Facebook | by:サイト管理者
司法アクセス学会第11回学術大会    
司法アクセス学会第11回学術大会が本年12月9日に下記の要領で開催されます。
参加をご希望の方は、jaajoffice@gmail.com宛にご連絡ください。

《第11回学術大会》
1.日時 2017年12月 9日(土) 午後1時~午後5時
2.会場 弁護士会館2階講堂「クレオ」(東京都千代田区霞が関1-1-3)
3.テーマ 「AIとリーガルテックはどこまで司法アクセスを高めうるか?」
[趣旨説明]
 AIが一躍脚光を浴びてきている.司法アクセスの向上のためにもAI技術を活用できないであろうか.AIやITをはじめとする先進技術をリーガル・サーヴィスにおいて活
用することはときに「リーガルテック」とも呼ばれる.リーガルテックは,隣接法律専門職の業務分野においては一部において目覚ましい進歩が見られるようである.
 行政書士の業務分野ですぐに想起されるのは「行政2.0」の段階に入ったと言われる「電子政府(e-Government)」,「電子自治体」であり,多くの行政サービスの提
供がインタネットや専用回線を通じて電算化されてきている.行政サーヴィスへの市民のアクセスはネットとAIによって着実に向上している.それに対応して行政書士の
業務にも変革が生じている.その意味で行政書士と電子行政による広義の司法アクセス向上がもたらされつつあると言えよう.
 司法書士の業務分野では周知のように登記事務の電算化が実施された.その結果,登記実務の時間短縮や他登記所管轄の物件の証明書が入手可能となるなど利便性と迅
速適正化が進んでいる.ここでもネットとAI,ITによる司法書士業務の変容が進み,それを通じて司法アクセスの向上がもたらされつつあると言えよう.
 では裁判所業務や弁護士業務はどうであろうか.訴訟文書の電算化はあまり進んでいないようである.この意味でネットとAI,ITによる裁判へのアクセスの向上はこれ
から期待される領域といえる.弁護士業務の場合も,AI化は企業法務や知財分野などかなり限定された法分野の実務のみのようである.
 AIやITの活用による法律相談,リーガル・サーヴィス,訴訟手続事務,事実認定や法的判断などへの支援は未だ研究段階の域を出ない(論理プログラミング,深層学習
(neural network),ベイズ推定・ベイジアンネットワーク,などの法分野での活用研究).
 本シンポジウムでは,ネットとAI,ITの活用による広義のリーガル・サーヴィスの質と量の向上,それによる司法アクセスの改善に関して,行政書士,司法書士,弁護
士による現状の把握,課題の同定,将来の展望を語り合ってもらい,AI,ITによる司法アクセスの向上への起爆剤としたい.

4.スケジュール
 Ⅰ.基調講演「AIからみたリーガルテックの展開」
  報告者:佐藤健氏(国立情報学研究所)
       「AIによる要件事実論に基づく民事裁判支援システムの開発」
  報告者:新田克己氏(東京工業大学)
     「対話エージェントを用いた議論教育の支援」

 Ⅱ.パネル・ディスカッション「ITとリーガルテックの実務へのインパクト」
  パネリスト:基調報告者,早野貴文氏(弁護士),稲本信広氏(司法書士),盛武隆氏(行政書士)
  コーディネータ:清水宏氏(東洋大学)

 総合司会:飯田高氏(東京大学)

※ 大会終了後,懇親会を予定しております(会費3,000円)。

司法アクセス学会第11回学術大会-チラシ.pdf

16:25
2016/10/17

司法アクセス学会第10回学術大会

Tweet ThisSend to Facebook | by:小林学

司法アクセス学会第10回学術大会

1.日時:20161126日(土)13:0017:00

2.会場:弁護士会館2階「講堂クレオ」(東京都千代田区霞が関1-1-3

3.テーマ:「司法アクセス―ニーズへの多角的アプローチ―」

4.企画の狙い

 司法制度改革は現在、司法試験合格者数・法曹人口問題、予備試験合格者の増加、法曹志望者激減と法科大学院の撤退、裁判員辞退者の増加、訴訟利用・ADR利用の伸び悩みなど多様な問題に直面しており、司法制度改革の所期の理想イメージとの乖離は深刻なものになってきている。その背景には、グローバル化、IT革命、少子高齢化、規制緩和など21世紀に入ってからの社会、経済、文化、政治の変容の速度が予想以上のものとなり、リーガル・サーヴィスの提供者側が依拠する従来型のサーヴィス・モデルと、需要者・消費者側の新たなニーズとの間にギャップが生じつつあることも関連しているであろう。

 日本は超高齢社会に突入し、高齢者問題、家族構造の変容、限界集落の増加、地域コミュニティの崩壊、労働市場の不安定化と格差社会化など、根の深い多角的社会問題の陳列棚の様相を呈している。こうして、日本人および日本社会はこれまで経験したことのないような危機に直面していると言える。他方、女性の社会進出という望ましい変容さえも、セクハラ・パワハラ問題のみならずワーク・ライフ・バランス問題やグラス・シーリング問題など新しいタイプのリーガル・ニーズを惹起させている。このように多角的な社会問題が惹起する新たな、かつ困難なリーガル・ニーズに対して、現在の法専門家はそれらを掘り起こし、それらに寄り添ってゆくことができるだけの心構えとスキル、知識と経験を備えているだろうか。新たな哲学と方法論と知見とを模索しなければならない可能性が大きい。すなわちリーガル・サーヴィス・モデルに革命が求められているのではなかろうか。

 当学会は今年設立10周年を迎え、その節目の学術大会として、変容するリーガル・ニーズへの有効な対応策を再度掘り下げることとしたい。

. プログラム

 〇13:00 

  【開会の辞】司法アクセス学会会長 小島武司

 【Ⅰ】理論編:司法アクセスにおけるサーヴィス・モデルとジェンダーの

        在るべき方向

 ①13:1013:50「司法サーヴィスのモデル・チェンジ」

             濱 野 亮氏(立教大学教授)

   ②13:5014:30「女性と司法アクセス」

               田 巻 帝 子 氏(新潟大学教授)

         〖休憩(総会)〗 14:3015:00

  【Ⅱ】実務編:法実践におけるサーヴィス・モデルとジェンダーの在るべき

         方向

   ③15:0015:20「多元的アクセス・ルートの開発―弁護士業務の場合」

                秋 山  清 人氏(弁護士)

   ④15:2015:40「多元的アクセス・ルートの開発―司法書士業務の場合」

                山 本  一 宏氏(司法書士)

    ⑤15:4016:00「多元的アクセス・ルートの開発―行政書士業務の場合」

                                伊  藤    氏(行政書士)

        〖質疑応答・意見交換〗 16:0016:40

 【総括報告】

   ⑥16: 4017:00「司法アクセスの10年―司法アクセス学会の役割―」

                 司法アクセス学会会長 小島武司

 〇17:00 

  【閉会の辞】太田勝造氏(東京大学教授)

 

※大会終了後、懇親会を予定しています (費用3,000円)。


第10回司法アクセス学会-チラシ_表面.pdf
第10回司法アクセス学会-チラシ_裏面.pdf 
12:55
2015/10/16

司法アクセス学会第9回学術大会

Tweet ThisSend to Facebook | by:小林学

司法アクセス学会第9回学術大会


「司法アクセスの担い手とその養成


.第9回学術大会の実施要領

(1)日・時:2015125()午後1時00分~530

  (2)会場:弁護士会館2階「クレオ」(東京都千代田区霞が関1-1-3
   (3)
ねらい: 2015630にまとめられた法曹養成制度推進会議による『法曹養成制度の更なる推進について』と題する決定は,「法曹ないし法曹有資格者の活動領域の拡大や司法アクセスの容易化等に必要な取組を進め,より多くの有為な人材が法曹を志望し,多くの質の高い法曹が,…司法制度改革の理念に沿って社会の様々な分野で活躍する状況になることを目指すべきである」とする.そして法曹人口(現行程度,最低でも1500人以上)や法科大学院の改革など,法曹養成の根幹に関わる争点について包括的に言及する.その最後では「…グローバル化の進展,超高齢社会,個人や企業の経済社会活動の多様化・複雑化等の社会的状況等を踏まえ,…法曹養成制度の充実を図る抜本的な方策を検討し,必要な方策を講じる」としている.

 法曹養成制度推進会議が正しく指摘するように,わが国ではグローバル化の進展と少子高齢化が進行し,介護保険の充実・維持や成年後見をめぐる問題が大きな課題となっている.他面で,国家財政の逼迫のしわ寄せとして社会福祉予算の抑制が叫ばれ,生活保護受給の要件審査は厳しさを増している.このような状況の中,司法アクセスに関して,年金・介護保険・福祉等のアドヴァイスは高齢者の日常の法的ニーズとなっている.さらに振込め詐欺等の高齢者の犯罪被害リスクが増大し,その予防や救済へのアドヴァイス,より広く,自分では法的問題の予防も対応も困難な人々への「手の差し延べ(アウトリーチ)」が喫緊の社会的課題となっている(このアウトリーチのシステムとして「司法ソーシャルワーク」を挙げることができる).

 日本社会の変化は加速度的である.マイナンバー制の導入をはじめとする行政のIT化,電子政府やオープン・ガヴァメントの構想が進んでいる.私生活でもネット取引は日常の消費生活の主流となっている.これらIT化の進展は生活の利便性を高めた反面,事故・紛争・犯罪のリスクを急増させた.人・もの・資金の国際的流動化が進展し,私人も中小企業も日常的に国際取引に直接・間接に関与している.日本社会の国際化は生活の質を向上させた反面,事故・紛争・犯罪リスクの国際化をももたらし,国際的民事司法・刑事司法のニーズを高めている.金融取引をはじめ企業取引の複雑化・多様化が進み,また,贈収賄の国際的な規制強化をはじめ各種規制強化も進み,企業のコンプライアンス,ガバナンス,コンサルテーションへの法律家の関与がこれまで以上に求められている.

 このように,日本社会は「グローバル化の進展,超高齢社会,個人や企業の経済社会活動の多様化・複雑化等の社会的状況」の中で新たな社会問題,急展開する社会問題,複雑多様化する社会問題からの挑戦に直面しており,弁護士,司法書士,行政書士などの「司法アクセスの担い手」にはこれらの社会問題についての発掘(アウトリーチ)・対処・解決におけるリーダーシップが求められている.まさに「エヴィデンス・ベース(evidence-based)」に考えることのできる「プロブレム・ソルバー(problem solver)」としての「司法アクセスの担い手」が求められている.これまでの養成システムで育った既存の「担い手」たちは,どこまで日本社会からの新たな挑戦に応えることができるのか?既存の養成システムの良さはどこにあり,新たな挑戦に応える人材育成には何が足りないのか?本シンポジウムでは,日本社会の新たな挑戦に応える能力と意欲のある人材の在るべき姿と,そのための養成システムについて考えて行きたい.


 2.大会プログラム

(1)【開会の辞】小島武司・司法アクセス学会会長 1:00 p.m. 

(2)【基調報告】

   ○1:10 p.m.~2:10 p.m.

        福井 秀夫 氏(政策研究大学院大学教授)

    「司法救済と専門家の役割―資格制度の限界を踏まえて―」

     ○2:10 p.m.~2:30 p.m.      

       質疑・意見交換

(3)  休 憩  2:30 p.m.~3:00 p.m.  

(4)パネル・ディスカッション】
     テーマ:司法アクセスの担い手とその養成
   ○3:00 p.m.~4:30 .m. 
   《パネリスト》
    ●
久保利 英明 氏(弁護士、桐蔭法科大学院教授)

             山本 一宏 氏(司法書士[日本司法書士会連合会理事])

           伊藤 浩 氏(行政書士[日本行政書士会連合会専務理事])

         4:30 p.m.~5:30 p.m.     

       質疑・意見交換

(5)【閉会の辞】   5:30p.m.

      

     ※ 大会終了後、懇親会を予定しています (費用3,000円)。

 

(参加申込受付)

 懇親会ご参加の有無とともに、下記事務局宛にお申込みください。

  【司法アクセス学会事務局】

       桐蔭法科大学院    小 林  学 研究室

       〒225-8503 横浜市青葉区鉄町1614番地

                           Tel & Fax: 045-974-5734

               e-mail: manabu@toin.ac.jp


11:42
2014/10/08

司法アクセス学会第8回学術大会

Tweet ThisSend to Facebook | by:小林学

司法アクセス学会第8回学術大会


「岐路に立つ日本のリーガル・サーヴィス挑戦と革新―」


.第8回学術大会の実施要領

(1)日・時:2014126()午後1時00分~530

(2)会場:弁護士会館2階「クレオ」(東京都千代田区霞が関1-1-3
(3)
ねらい:リーマン・ショック以来の世界的財政危機を経る中で,日本の社会と経済はその基幹構造の転換を迫られている.グローバル化の進展,ITの普及,少子高齢化の深刻化など,疾風怒涛の挑戦は日本が時代の岐路にあることを示している.このような構造変容は,一方で訴訟中心の法曹の従来型ビジネス・モデルの変容を迫り,他方で新たなリーガル・ニーズを勃興させている.こうして,リーガル・サーヴィス市場は競争の激化とともに,提供するサーヴィス自体のモデル・チェンジを迫るような時代の挑戦を受けている.

 イギリスでは,リーガル・サーヴィスの分野においてもプロフェッション団体による競争制限は,リーガル・サーヴィス法の下で厳しく制限されている.それとともに,リーガル・サーヴィスの専門家以外の事務所経営への参加と所有が認められる等の規制緩和も進められて,新たなイノヴェイションが進んでいる.このようにイギリスにおいても法曹は時代の岐路に立たされている.

 時代のニーズの変化に適応できない産業は衰退するほかない,というのが冷厳な経済法則である.法律家に包括的なサーヴィスを求めていた消費者の間にも,自身の手による問題解決への機運が進み,自分でできることは自分で,とするセルフ・ヘルプへのニーズが拡大するとともに,法律専門家の関与を部分的なものにとどめながら確実な問題解決を目指す「アンバンドル化」も進んでいる.また,訴訟中心のリーガル・サーヴィスへのニーズは,不況下の世界の共通の現象として量的に停滞している.このようなニーズの変容に直面し,リーガル・サーヴィス・プロヴァイダはどのように自己変革をしてゆくのか。

 本シンポジウムは,デマンド・サイドとしては転換期の弁護士へのニーズの変容を探求し,サプライ・サイドとしては弁護士業のビジネス・モデルの変革を探求し,両者のマッチングの可能性を検討しようとするものである.


 2.大会プログラム

(1)【開会の辞】小島武司・司法アクセス学会会長 1:00 p.m. 

(2)【基調報告】統一テーマ:「リーガル・ニーズの変容と挑戦」

    ○1:10 p.m.~1:50 p.m.

            石田 京子 氏(早稲田大学大学院法務研究科准教授)

      「市民から見たリーガル・ニーズの変容」
    ○1:50 p.m.~2:30 p.m.   
      福井 康太 氏(大阪大学大学院法学研究科教授)

      「グローバル化によるリーガル・ニーズの変容」

     ○2:30 p.m.~2:55 p.m.      

       質疑・意見交換

(3)休 憩  2:55 p.m.~3:20 p.m.  

(4)パネル・ディスカッション】
     テーマ:リーガル・サーヴィスの対応と革新
     ○3:20 p.m.~4:55 .m. 
      《パネリスト》
      ●
石田 京子氏(早稲田大学大学院法務研究科准教授)              
      ●
福井 康太氏(大阪大学大学院法学研究科教授)

                中尾正信 氏(弁護士[東京弁護士会])

                       加藤俊明 氏(司法書士[神奈川県司法書士会])

                  盛武  隆氏(行政書士[滋賀県行政書士会])

           ○4:55p.m.~5:30 p.m.     

       質疑・意見交換

(5)【閉会の辞】   5:30p.m.

      

 ※ 大会終了後、懇親会を予定しています(会費3,000円)

 

(参加申込受付)

 懇親会のご参加の有無とともに、下記事務局宛にメールにてお申込みください。

  【司法アクセス学会事務局】

     桐蔭法科大学院 (桐蔭横浜大学大学院法務研究科) 小林学研究室

       〒225-8503 横浜市青葉区鉄町1614番地

                           Tel & Fax: 045-974-5684

               e-mail: manabu@toin.ac.jp


14:18 | 連絡事項
1234